手水(てみず・ちょうず)

初詣などで神社に参拝する際、最初にお水で手と口をすすぎ清めてからお参りしますね。 日本人は神様にお参りするときには、まず自身を清めるという意識が、昔からの習わしとして自然と身についています。

手水(てみず・ちょうず)は、参拝作法の一番目ともいえる、心身を清める作法のこと。水を柄杓に汲み、まず左手を洗います。次に柄杓を持ち替え、右手を洗います。柄杓に汲んだ水を左手に受け、軽く口をすすぎます。左手をもう一度洗い、心身を浄化します。

人気の記事をチェック!

  • a1180_011847

  • photo1