恐美恐美(かしこみかしこみ)

神職が神様に申し上げる言葉、「祝詞(のりと)」の中によく登場する「恐美(かしこみ)」。「かしこまって」、「おそれ多い」という意味の用語です。「かしこみかしこみ・もまをす」は、神様への畏敬の念と恐縮の気持ちを最大限に表現した後に願いごとを申し上げる口上で、「おそれながら謹んで申し上げます」という意味を持ちます。

人気の記事をチェック!

  • a1180_011847

  • photo1