費用相場

神社での挙式代(初穂料)は、一般的に5万円~15万円の範囲でおさまるケースが多いです。神社以外のホテルや結婚式場などで神前式を行う場合は、10万円~20万円程度ですので、神社での神前式の方がいくらか安くおさえられることになります。

気をつけたいのは、初穂料は神様に上納するお金で神社への謝金にあたりますので、撮影代や衣装代などその他もろもろの費用が含まれていない点です。
和装の場合は着付け代やかつら代など細かく必要になるものもありますし、式場や披露宴会場のロケーションとアクセスによっては、ゲストの移動にかかる車両代などが別途必要になることもあります。
初穂料が安くてもオプションを付け足していったら結局割高になってしまった・・・なんていうことのないように、基本の初穂料だけではなく必要なオプション項目とその費用もあらかじめしっかり確認・チェックしておきたいポイントです。見積書には細かく目を通し、わからないことは素直に聞いて確認した方が良いでしょう。

神社によっては、一般的に必要な内容がパックになったパッケージプランがある場合もあり、たいていの場合はパッケージプランのほうが割安になります。披露宴会場を併設しているような大きな神社などはトータルで融通してもらいやすいというメリットがあります。敷地内に併設していなくても提携披露宴がある神社もありますので、気になることや希望は候補の式場にきちんと伝えて相談にのってもらいましょう。

人気の記事をチェック!

  • a1180_011847

  • photo1