衣装代・ヘアメイク代

神前式の費用のうち、まず予算に組みたいのが衣装代とヘアメイク代。

白無垢や色打掛など和装の場合、衣装レンタル代のみで15万~30万、新郎の紋付が5万~10万円ほど。着付け代が別途かかる場合もあり、角隠しや綿帽子を使う場合はカツラも必要になります。カツラやかんざしなどの小物レンタル代もかさむので注意しましょう。また、足袋や肌襦袢などはレンタルではなく購入しなければならない場合もあります。「カツラ代が高くて驚いた!」という声もありますので、事前にきちんとチェックしましょう。予算をオーバーしてしまう場合はヘアメイクさんや衣装さんと相談して花飾りなどの洋髪を検討してみるのも良いでしょう。

衣装、ヘアメイク、カメラマンなどは披露宴会場でまとめて手配すると割安になるケースもありますが、式場によって、外部手配の持ち込み制限があったり、持ち込み料を別途請求される場合もあるので、外部で手配する前に式場に確認しましょう。
一般的には、挙式パックに含まれているものから選べば個別にレンタルするよりもお得になることが多いですが、必要になるオプションはしっかり確認しておきましょう。

人気の記事をチェック!

  • a1180_011847

  • photo1