神前結婚式の式次第

神前式では、神職と巫女の先導で作法にそってご両家の縁結びの儀をとり行います。
一般的に細かい作法などは巫女または係の人がサポートしてくれるので、清らかに厳そかな気持ちでのぞめば大丈夫!心配はいりません。
式次第は神社によって多少異なりますが、格調高い神前式で高名な明治神宮にある明治記念館の神前式・神前結婚式の式次第を例にみてみましょう。

【参進(さんしん)】
儀式殿までは神職または巫女の先導で列になって進みます。並び順は、神職または巫女の後に新郎新婦、媒酌人、両親および参列者一同 となります。

【修祓の儀(しゅうばつのぎ)】
神職が大麻(おおぬさ)を振り、祭壇および参列者のけがれを祓い清めます。

【祝詞奏上(のりとそうじょう)】
神職が神々に申し上げる言葉を、祝詞(のりと)といいます。新郎新婦の末永い幸せを神々に祈願する意味の祝詞が読み上げられます。

【誓杯の儀(せいはいのぎ)】
三三九度の盃のこと。三献の儀ともいい、新郎新婦が巫女から受けたお神酒をいただく儀式です。小中大の三種類の盃を共飲することで、人生の苦楽を共にわかちあい支えあって生きていく夫婦の契りをたてます。この儀式は神前式では必ず行われます。お酒が飲めなければ口をつけるだけでも大丈夫。巫女または担当者には事前に伝えておきましょう。

【指輪交換(ゆびわこうかん)】

【誓詞奏上(せいしそうじょう)】
新郎が神前で夫婦になることを誓う言葉を、誓詞(せいし)といいます。新郎が読み上げた後、最後に新婦が名前だけを読み上げます。

【玉串拝礼(たまぐしはいれい)】
玉串は、神様へのささげもの。新郎新婦は巫女から受け取った玉串を供え、二拝二拍手一拝をして席に戻ります。榊(さかき)の枝に紙垂(しで)という白い紙をつけたものが一般的です。玉串に御心霊をお迎えし、参列者の祈りも込める玉串は、神様との仲立ちとしての役割をもちます。

【神楽(かぐら)】
巫女が神楽の演奏に合わせて神前舞台で舞う、祝いの神前神楽。和琴や神楽笛の音色は、より一層厳粛な雰囲気を引き立てます。

【お鈴の儀(おすずのぎ)】
鈴の清らかな音に神の恵みを託して授ける儀式。祝いの舞である神楽のあとに、巫女が新郎新婦を含む参列者に鈴をふります。

【親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)】
固めの盃(かためのさかずき)ともいわれ、参列者全員の前に置かれた盃に巫女がお神酒をついで行き、神職の発声で祝いの気持ちをこめてお神酒をいただきます。両家が親族となる儀式です。

この後、記念品の授与、斎主のご挨拶などがあり、参列者全員が儀式殿を退出します。

人気の記事をチェック!

  • a1180_011847

  • photo1