神前結婚式とは

神前式とは、人生の苦楽を共にする夫婦の契りを神様に誓う結婚式のスタイルのことをいい、主に神社で行われます。神前式以外には、教会やチャペルで行う教会式のスタイルや仏前式、人前式などがあり、日本では宗教に関わらず自由に選ばれています。それら数ある結婚式スタイルの中で、日本古来の伝統的スタイルが神前結婚式です。

1900年に宮中賢所大前で皇室御婚礼の儀が執り行われたことがきっかけとなり、それまでは新郎の自宅で床の間の神様を前に結婚式をすることが多かった一般の人々の間にも、神社で行う結婚式が広まっていきました。

教会スタイルの結婚式と同様にホテルや結婚式場などの仮神殿でも神前式を行うことができます。結婚式に特化したサービスを優先する場合は、ホテルや結婚式場の仮神殿で行う神前式を選ぶのもよいでしょう。建物の由々しさや季節折々に見える自然の美しさなど、日本の伝統美からなる神社ならではの独特の雰囲気、重厚感や格式、気品の高さなどを重視する本格派には由緒ある神社での神前式がおすすめです。一般的な商業施設に比べ、移転や事業内容の変更などによって思い出の場所が消えてしまうという心配が少ないことも、神社で神前式を行うメリット。

神聖な場所で厳かに両家の縁を固める神前式には、新郎新婦はもちろんのこと、両家の参列者にも深い感動を与える魅力があります。

人気の記事をチェック!

  • a1180_011847

  • photo1