神前式の衣裳

ウエディングドレスが着たいからと神前式をあきらめる女性もいますが、神前式はウエディングドレスでもOK!
「ドレスは披露宴でも着れるし、せっかくの神前式は伝統の和装にしたい!でも和装ってどんな種類があるの?」という方に、和装衣装の種類をご紹介。日常で着る機会が少ない和装は、日本の女性をとびきり魅力的に見せてくれるとっておきの衣装です。

【白無垢(しろむく)】
真紅の口紅が鮮やかに映える全身純白の白無垢は、日本女性の清楚で可憐な美しさを最大限に引き立たせてくれる、まさに伝統の花嫁衣裳。
白いウエディングドレスに多くの種類があるのと同様に、白無垢にも多くの種類があります。生地の違いから白さの違い、折りや刺繍で入れられた柄も、松竹梅柄や鶴などの種類が。裏地も白い裏地の他に赤や緋色などのバリエーションから選べます。
一見同じにみえる白無垢は、刺繍や染め、しつらえの細部にまで粋なこだわりが見え隠れする、日本人特有の繊細な美意識でつくりあげられた和装です。

【色打掛(いろうちかけ)】
鮮やかな色打掛は、お色直しの2着目に選ばれることが多く、色も種類も豊富な和装衣装。和の伝統美の中に、素材や配色でトレンド感やあなたらしさも表現できる、絢爛豪華な華やかさを演出できる和装です。

【黒引き振袖(くろびきふりそで)】
未婚女性の第一礼装である振袖は、結婚式の翌日以降着ることはできません。黒地に鮮やかな和柄が艶やかに映える黒引き振袖は洋風のヘアアレンジにも合わせやすく、凛とした強さを印象づけるモダンなイメージで、振袖の中でも人気が高い衣装です。

人気の記事をチェック!

  • a1180_011847

  • photo1